大人になってから知ったスゴイこと。

突然ですが、中学の時、通信簿で「美術2」をもらったことがあります。(5段階評価で)

おまけに、心の中では、「なんで、みんな同じように、同じものを、描いたり作ったりしなくちゃいけないんだろう?・・・変なの!」って、ずっと思ってました。

まぁ、その反動なのか、その分、制服や髪型のアレンジには精が出て。

何度、生徒指導の先生に追いかけられたか分かりません。(ナツカシイ。笑)

いつの頃からか、絵は「上手な人だけが描くもの」って、当たり前のように思ってました。

つまり、「私は、絵が苦手。下手くそ。だから、描かない」。(と言うか、描こうという発想にもならない。)

でも、大人になってから、スゴイことを知りました。

その人にしか出せない色や形、動きがある。

その人だから表現できる良さ、おもしろさ、美しさがある。

そもそも、みんな違っていいし、上手に描こうとしなくてもいいし、なにより、みんなアーティストなんだ。と。

雨のステイホーム。

幼稚園生も使うサクラクレパスで。

使い方で、油絵みたいな風合いになることは、私の子どもたちが教えてくれました。

楽しいです。

きれいです。

もっと描きたくなります。

エールカラー
風見美穂

 

関連記事

  1. 色彩、メイク、ファッション、アートから・・・

  2. いいお習字の先生は、直すのではなく「加える」。

  3. ノウハウ、の他に必要なもの。

  4. 娘と卒業式に着る服を選んできました。

  5. 色の記憶。ごじぶんの解放につながるカラー。

  6. 人と服の関係。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


最近の記事

PAGE TOP