色の記憶。ごじぶんの解放につながるカラー。

エールカラー
風見美穂です。

お客さまのお話をお伺いしていると、小さい頃に言われたことって、大人になってもずっと残るんだなー、、、と思うことがあります。

特にお母さんに言われた言葉。

「あなたには、その色は似合わない。」と笑われたり、「そんな色が好きだなんて、頭がおかしいんじゃないの??」とか。

本人は、その色がとても好きなのに、まして実はすごく似合うのに。

過去にいらしてくださったお客さまで、小さい頃、ご自分が大好きだった紫色をお母さんに否定されて、それからずっと紫色は避けてきた、という方がいらっしゃいました。

いざパーソナルカラー診断をしてみたら、そのお客さまにとって、紫色はとてもよくお似合いになる色でした。

「紫は、メイクでもお洋服でも、どんどん使ってくださいね。」とお伝えしましたら、お客さま、「私、紫、着てもいいんですね。」と突然涙を流されて。

色の記憶、、、お母さんの言葉からの呪縛が解けた瞬間だったのでしょうか。

また、同じように、小さい頃、お母さんに「あなたはパステルカラーは似合わない。」と言われた方もいらっしゃいました。

でも、その方にとっても、やはり、パステルカラーは、その方をとても優しく、やわらかく、お肌にも透明感を持たせてくれて、その方をとても素敵に、綺麗に生かしてくれる色でした。

ご本人様曰く、「パステルカラーは憧れの色だった。」と。

たかが色。と、それで話を終わらせることもできるでしょうが、私はそうは思いません。

その「色の記憶」が、今のご自分の魅力や可能性、表現の幅を狭めているのだとしたら、、、。

ごじぶんの心の解放にも繋がるようなカラーを提供したい、とは改めて思うことです。

 

エールカラー
風見美穂

関連記事

  1. 似合う色。逆に何を着たらいいか分からなくなった。

  2. 【コスメ通信より】アイシャドウではなく、アイカラー!を使おう…

  3. 子どもと、女子高生と。親子で。色ってすごいな。おもしろいな。…

  4. 子育て中でも。ちょっとだけおしゃれに。ちょっとだけいつもと違…

  5. 人と服の関係。

  6. 自分に似合う色を知るより・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


最近の記事

PAGE TOP