風見美穂です。

 

強い色を身に纏(まと)うことで安心する人。

少し地味な色を着ることで
なんとなく気持ちが落ち着く人。

まるで、その服(色)で
自分を守っているような。

お洋服(色)と人の関係って、実に興味深い。
と、常々思います。

・・・

もし、
よく着るお洋服、お手持ちの服に
“ ある傾向(偏り) ” が見えたら
それと逆の色を入れてみてください。

例えば、こんな具合に。

強い色が多い人は、少しやわらかい色を。

薄い色が多い人は、濃い色を。

暗い色が多い人は、明るい色を。

落ち着いた色が多い人は、少し華やかな色を。

そうすることで
お洋服の着こなしに新しさが生まれます。

画像は
『パーソナルカラー1回コース』に
お越しになったN様の
“ タンスの肥やしになっている ”、という
お洋服たちをコーディネートした一例です。

殆ど似合う色なのに、タンスの肥やし!

・・・

やっぱり、お洋服のキモは組み合わせ。

それも、今のその人にマッチした組み合わせ。

N様からご感想をいただきました。

普段選んでいる色が合っているのか、また
今後どのような色を選んでいけば良いか
組み合わせを知りたくて受講しました。

淡い色は苦手だと思っていたのに
似合う色だったこと。
タンスの肥やしだった服、
実はちゃんと似合う色を選んでいたこと。
驚きました。

似合う色の服を増やし
強くなりすぎないように気を付けます。

今まで自分に本当に合っている色なのか
良く分からなかったけれど
これからは迷わずに選べそうです。

ありがとうございました。

苦手だな、と思うものは
案外、頭がそう思っているだけなのかもしれません。

感覚は、ちゃんと分かっているような気がします。

好きな色 × 苦手だと思っている色。

両方を取り入れることで
バランスが取れ
コーディネートも
自分も
また新しくなります。

色による変化、だまされたと思って(!)
試していただければ幸いです。

・・・・・・・・・・
カラーリスト
風見美穂

 

似合う色が分かる
『パーソナルカラー1回コース』
http://colorstudioecru.com/info/new2016personalcolor1/