カラースタジオ エクリュ 風見美穂です。

先日、19年来お世話になっているカラーの専門校『イヴ・ガーデン』へ、講座を受けに行って来ました。

『今のじぶんに似合う色が服になる』。

似合う色は・・・

自分のパーソナルカラーだけに限定されないこと。

変わっていくこと。

外見から見ることを越え、内面の輝きも含めて、観ること。

じぶんを通して体感してきました。

※私が20年来師事している先生方に、実際に色布(ドレープ)を掛けてもらいました。

かなり貴重でレアな経験。画像!

私は、パーソナルカラータイプ「スプリング」ですが、オータムのオレンジや、ウィンターのグリーン、サマーのブルー・・・など、すべてのパーソナルカラーが入っています。

全体的な印象としては、意外と、穏やかで、ちょっとだけ深みがあります。

長くパーソナルカラーに携わってきた間には、ウィンター系の強い色がピタっと似合う時期もありました。

時には、オータム系の大人っぽいイメージや、サマー系のさわやかなイメージが似合う時期も。

似合う色は、変わっていくこと。

色から、人と、じぶんと、長く携わってきたからこそ分かることです。

また、先生にドレープ(色布)を当ててもらっている時に、とても印象に残る言葉がありました。

『色が「選んで」って言っている』。

なんて素敵な表現なんだろう・・・と。

似合う色は、外見的な要素から見るだけでなく、その人の内面が、今、求めているものも含めて「観る」こと。

そして、それらが出逢った瞬間、色も人も輝き喜ぶこと。

じぶんを通して、体感しました。

今のじぶんに似合う色(布)を使って、じぶんの心地よいデザインで。

デザインの手法も画期的!

さて、どんな服になることでしょう!?

出来上がりましたら、またご報告させてください。

・・・・・・・・・・
カラースタジオ エクリュ
風見美穂