昨年の夏に、こんな体験をしました。

『つくって学ぶ化粧品講座』。

大学や専門学校で化粧品開発をレクチャーされている先生のラボにて。

「そもそも、化粧品ていうのは、効果があってはいけない。」という、「はぁあああ???!」なクダリから始まる、目からウロコの化粧品の話。肌の話。

とは言え、先生は販売員ではないので、「だから、これがいいのよ。」という話ではなく、どこまでも中立的な話。

学問や法律としてのお話。

物理的・生物学的なお話。

だけど、難しいことはまったくなく、ぐいぐい引き込まれました。

一緒に参加した方の口からは、「なんでこういうこと、誰も教えてくれないんだろうね~~~!!!」って。

先生の講義を参考に、じぶんがつくりたい成分比率でつくった化粧水。

これ、たぶん、市販で買ったらン万円。

じぶんの好きな感触(しっとり とか さっぱり、とか)、じぶんの好きな香り(アロマの精油を注入)でつくる、完全じぶん仕様の化粧水。

物理的にも、気分的にも、とても贅沢な感じ。

そして次は、色を混ぜて。

わ!きれいっ。

ここにまた、好きなアロマの香りを忍ばせて。

型に流して、せっけんもつくりました。

・・・・・・・・・・

毎日使うものなのに、それも、肌に直接付けるものなのに、まして、大事なお顔に付けるものなのに、意外と知らない化粧品のこと。

それから、じぶんの全身を覆う一枚皮!である皮ふのことも。

私たちは、意外と、知らない。

とても有意義な時間・体験でした。

来週、先生のラボで、この『つくって学ぶ化粧品講座』の part 2 が開講されます。

急ですけど、良かったら、ご一緒しませんか?

以下、ご案内です。

【つくって学ぶ化粧品講座 part 2】

>>講義

・肌と紫外線の関係 肌の老化について

毎日浴びている紫外線は肌にどんな影響を与えているのか?
肌は老化するとどう変化するのか?

こんな疑問を解決します。

>>実習

クリームの作製 O/W 型および W/O 型 2種類

混ざり合わない水と油、これをクリームにするには界面活性剤の働きが必要です。
界面活性剤の働きを学びつつ、2種類のクリームを作ってみます。

★今回、色付の水性マニキュアの作製もします。

■日時
2017年3月22日(水)9:30~12:30

■場所
栃木県小山市駅南町 3-27-6 サンコーポ 202
ルピナスラボ

■定員
6名 ※残席4

■費用
10,800円(税込)※材料費含む。

■講師
ルピナスラボ代表:高林久美子

■お申込み
風見まで、メールもしくはお電話にて、3/20(月・祝)17:00までに、お知らせください。

★この講座へのお申込みは、カラースタジオ エクリュ ご利用者様限定 とさせていただきます。ご了承くださいませ。

私もまた楽しみです。

・・・・・・・・・・
カラースタジオ エクリュ
風見美穂