あれから6年。

あの時、幼稚園の卒園式を目前に控えていた我が家の双子。

数日後には小学校の卒業式です。

6年前。

もうずっと前のことのような、ついこの間のことのような。

月日が経つのは、本当に早いものです。

我が家の双子は、幼稚園年長組から「子どものアトリエ」に通っています。

おら(息子)は、学童野球を優先し、小学5年生で卒業しましたが、むすめは今も通っており、アトリエ7年生になります。

絵を上手に描くための画塾、ではなく、アートから、個性を育て、生かし、表現することを大切にするアトリエ。

そちらを主宰している先生が、東日本大震災直後に、浪江町から避難してきたご家族→子どもたちに始めたアートボランティア。

我が家も、子どもたちと一緒に協力させてもらいました。

今日は、その時の話です。

ある日の子どもたちの絵。

子どもたちは、画材を出した瞬間に、描き出しました。

ストレスでも発散しているかのような、色、タッチ。

でも、それを何枚も繰り返すうちに・・・

まるで、嵐が去った後の虹のような、雨上がりの夕焼けのような、花が咲き出したような・・・。

私、ほんと、驚きました。

何かを描かなくてはいけない、作らなくてはいけない、ではなく、本当に自由に描くアート表現には、なにか、力があること。

感じた瞬間です。

月に一回、しばらく続いたアートボランティア。

当時、一緒に絵を描いていたご家族の方たち。

印象に残っているのは、みなさんの、生きる強さ。でした。

すごかったです。

私の人生の中で、考え方や価値観が揺さぶられるようなこと、それまでにも何度かありましたが、浪江町のご家族との出合いは、その一つ。

あの時の、あの子は、どうしてるかな?

中学生だった、あの子は、もう成人したのかな。

生まれたばかりだった、あの子は、毎日駆け回っているのかな。

この時期になると、感謝の思いと共に、いつも思い出します。

みんな、元気に、笑ってるといいな~って思います。

※昨年書いた記事を基に、加筆・修正したものです。

 

風見美穂