私は服を選ぶ(買う)時、すごーくいっぱい試着します。

なぜなら、服は、見るのと着るのとでは全然違う からです。

試着室には、最低でも一度に3~5着は持ち込みます。

試着する服を選ぶ基準は、「なにこれ、素敵!」、それだけです。

「わ、素敵!これ着てみたい!」と思うものだけを、何着も持ち込みます。

どれを買うことになっても気分良く着れるように、です。

それから、店員さんが言う「お似合いになりますね。」は、ほぼ9割、信用しません。笑

ただし、店員さんが持って来てくれた服は、必ず着てみます。

自分の目には留まらなかったけど、もしかしたら、すっごく私に似合うかもしれないから です。

先日、娘(小6)と買い物に行って来ました。

子どもたちの卒業式に着る、ママの服を探しに。です。

王道の紺色スーツに、パンツ+ブラウススタイル、ワンピース+ジャケット・・・、まぁ、それはそれはどれだけ試着したことでしょう???笑

でも、何着も着てみると、「これが一番ビダっ!と来る。」、そういうのがあるものです。

パーソナルカラー分析を受けたことのある方は分かるかと思いますが、色は、たくさんのものと比べてみると、その違いが分かります。

赤にも色んな赤があって、たくさんの赤の中から、自分に似合う赤が見つかる。というように。

服は、そこ(色)に、形や素材なども加わるわけですから、もっと、尚更、いっぱい着てみた方がいい。

試着はタダですから、着てみたい!と思うものを、遠慮なく着てみると、いいです。

さて、娘は小6ですが、私にとっては、はっきりと物を申してくれる唯一の存在。

その娘と、あーでもないこーでもないやりながら決めた卒業式に着る私の服。

ワンピースとジャケット、別々のお店で見つけました。

たぶん、誰でも素敵に着れそうなラインのワンピース。

試着室から出てきた私を見て、娘が、「それいい!もう少し大きくなったらちょうだい!」と言ったワンピース。

ワンピース自体の画像が無くてゴメンナサイ。
いつか、どこかで♪

それから、着た瞬間、私の身体にピタっと張り付くような感じがしたジャケット。

ついでに、まだ肌寒いであろうことを予想して、綿素材のコート。

色や柄、形などがデザイン性に富んだものは、その効果から、体型をごまかしたり、個性を表現するのは意外と簡単です。
実は。

だけど、こういった単色、しかも、定番の形の服(ベーシックな服)に関して言えば、意外と難しい。
実は。

着られている、でもなく、いかにも、でもなく、ありがち、でもなく、じぶんらしく、着こなすには。

どうしても着なくてはならない服。

冠婚葬祭での礼服。

面接、卒入学などでのスーツ。

普段は殆ど着ないけど、ここぞ!という時に着る服。

色に関して言えば、選べないも同然。

そうなると、形、線、素材の出番。

でも、難しく考えなくて大丈夫。

色んなものをいっぱい着てみると、鏡の中のご自分が変化する瞬間が必ずあります。

「ん!いいね!」っていう瞬間が。

最後に。

「ママってさ、ぜったいどこかハズスよね。どこか言うこと聞かない、っていうかさぁ・・・」と指さしたのは、さっきのワンピースの裾(すそ)部分。

あら?
この裾じゃなかったら、ママ、このワンピースは買わないよ。

そして、娘は娘で・・・

既に手元に届いている中学校の制服のスカート丈について、「これ、もっと短くしちゃダメなの?」と毎日私のところに持ってきます。

おしゃれって、たのしいです。

・・・・・・・・・・
カラースタジオ エクリュ
風見美穂

 

現在、「パーソナルカラー1回コース」のご予約日は調整中です。
調整がつき次第、お知らせいたします。
少しお待ちくださいませ。