先日、ふと若い頃(20代前半)の写真を久しぶりに見ることがありました。

あえて載せませんけど。笑

それから、初めて見るじぶんが小さい頃の写真。

父の膝の上で屈託なく笑っているじぶんと、その、こわいもの無しだった20代前半のじぶんを見て思いました。

この頃のじぶんが、今の私を見たら何て言うかな?

そんなハズじゃなかった・・・って言うかな。

それとも、わ!うれしい!って言うかな。と。

そんなことを漠然と考えてた折、昨日『パーソナルカラー1回コース』に来て下さった方の口から「小さい頃の私は・・・」なんて話が出て。

不思議な共時性(シンクロニシティ・意味のある偶然の一致)を感じました。

お写真を撮り忘れてしまったのが残念なのですが、ご感想をいただきましたのでご紹介させてもらいます。

【受講の動機は?】
似合う色を知りたかったので。
ブログを読んでお願いできる方と感じたので。

【新しい発見や驚いたことは?】
今まで見向きもしなかった色が似合っていたことに、とても驚きました。
うれしい発見です!

【本日のご感想をご自由にお聞かせください。】
(じぶんに似合う色)少しずつためしていきたいです。
風見さんは思っていた以上に話しやすくて、あっという間に時間がすぎていました。
もっと話していたいです!
ネットで何でも調べられる時代ですが、直接会ってみて得られることはやっぱりいいですね。
来てよかったです。
ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。

本当、時間が足りないくらい色んなことを話しました(^^)/

・・・・・・・・・・

大人になるにつれ、じぶんを表現することに遠慮が出てくることは、じぶんを含め、往々にして感じます。

私は色の仕事をしているので、そちらからの言い方をしますと・・・

本当はこんな色が着たいけど、じぶんには似合わないのではないか?

本当はこんな服が着たいけど、周りの人に何か言われるのではないか?

年齢が、立場が、地域が、あの人が・・・。

それはそれはたくさんの理由で、じぶんが着たいもの=やりたいことやしたい表現=じぶんを消してしまう。

・・・・・・・・・・

でも、色はウソをつかない。って思いました。

じぶんに本当に合う色・じぶんが本当に好きな色・出したい色は、どこか小さい頃の素のじぶんに戻してくれるような・・・

私も一緒にそんな体験が出来た素敵な時間でした。

どうもありがとうございました。


小さい頃のあたち。
若かりし頃の私は・・・
自作のLINEスタンプとして使用中。OKバブリー!

 

がっかりさせたくないです、ね、小さい頃のじぶん。

・・・・・・・・・・
カラースタジオ エクリュ
風見美穂