かざみです。

昨日の朝、出掛け間際に覗いたFacebookのタイムライン。

そこに出ていた、翌日までの作品展。

咄嗟に、「今日、行かなくちゃ!」。

理屈も理由もなく、答え、もなく、心が惹かれるままに行く。動く。動ける。

私の場合、こういう時は、大概、あぁ、ほんと行って良かった。ってなります。

で、専門学校のしごとが終わったその足で向かったのは・・・

栃木県庁。

初上陸。

富士山も、筑波山も、360度、見渡せる展望フロア。

そして、街と空を背景に並ぶのは・・・
私が今日会いに来たのは・・・
栃木県内で創作活動をする、障害のある方々の作品。

うわぁ、すごいなぁ、すごい。

どんな風に、すごい?

なまけているわけではなく、ふさわしい言葉が見当たらない。

どうやってつくったのかな?

服も、数点ありました。

どれも、これも、大胆で、繊細で、自由で、美しく。

まるで生きているような感じ。

以前、自閉症の子どもたちの作品展を見に行った時も
ものすごい「生きるエネルギー」みたいなの感じたけど
今日も、すごい。

じぶんを表現する、って素晴らしい。

そういう場があって、夢中になって打ち込める。って幸せなんじゃないかな。って。

でもって、そういう時に、「生きてる実感」てするのかもしれない。

そういう状態を、「輝いている」って言うのかもしれない。

やっぱり。

本当、行って良かった!

『Viewing ビューイング展 2017』
栃木県庁15階展望ロビー
11:00-15:00
本日2017年1月13日(金)まで