こんにちは。

色彩指導非常勤講師として、もう7年近くお世話になっている美容専門学校。

そちらのトータルビューティー科(エステティシャン、美容部員、ブライダルコーディネーター、ネイリストなどのタマゴが居ります。)にて、毎年パーソナルカラーをお伝えしています。

今年も、カラーカードをいっぱい切って貼って、色の見分けを知り、自分たちでそれぞれに似合う色(パーソナルカラー)を見つけました。

2016091201 2016091203

若いですからね。

はっきり言って、なんだって似合います。

というか、若いうちは特に、何でも着てみる・やってみる。べき。

思うに、若くなくたって(!)、人は何を着てもいい。

自由です。

じゃ、パーソナルカラーって、一体なんなの?!ってコトになりますが。

・たくさんの色を使って、前向きになれた気がした。

・パーソナルカラーを見つければ、自分に自信のない人とかも自信つくし、人生も楽しくすごせる と思う。

・自分に似合うリップに変えたら、周りから「オトナっぽくなった」と言われ、髪型もパーソナルカラータイプに合った感じに変えたら、また周りから「イイね!」と言われ、自信が持てるようになりました

・今まで秋はさみしい気分になっていたけど、今年はそう思わなくてワクワクと楽しみです

・内面を変えるのは難しいけど、外見を変えるのは簡単。パーソナルカラーを使ってメイクするだけで前向きになれるから、内面の変化も外側からフォローできる のだな、と思った。

・パーソナルカラーは、自分の良さが出るので、人と関わりやすくなりそうです

・これからどんどん歳を重ねて、似合う色も変わっていくと思うけど、そのたびに自分に似合う色を知りたい。いつまでも明るくいたい

・似合う色を身に付けていると、なんかうれしくなる ようになった。

他にもいっぱいあるのですが。

約3か月に及ぶパーソナルカラーの授業終了後に、学生たちに書いてもらった「ふりかえり」です。

パーソナルカラーとは、お買い物に便利、見た目が単にオシャレになる、だけでなく、あぁ、やっぱり、内面→ココロに浸透していくものなのだな・・・と。

今年も学生たちが教えてくれました。

ありがたいですね。

2016091205 2016091204

「色」からキレイに変化した学生たち。

外見と内面は、やっぱり、ツナガッテイル。

パーソナルカラーという外見からのアプローチが、その人の内面に変化をもたらし、その内面での変化がまた外見へと反映される。

そうやって、その人のキレイはつくられていくように思います。

外見と、内面と、一緒に。です。

「色」から、ますます素敵で、快適なじぶんたちでありますように。

今年もたくさんのキレイを見せてもらいました。

感謝。

 

カラースタジオ エクリュ
風見美穂
http://colorstudioecru.com

★学校外でのパーソナルカラー講座は → NEW!新着情報へ。